http://root-hari.jugem.jp/
  ルートはり・きゅう院

大分県大分市北下郡の鍼灸院「ルートはり・きゅう院」のホームページです。
皆様の健康を「根っこ」から考える治療院です。
院長:佐藤 雅彦
ご予約・ご相談は TEL 097-567-1145
| トップページ | 当院の治療方針 | 診療時間・休診日 | 施術料金・時間 | 交通アクセス |
合谷(ごうこく)は最強のツボ
 はり・きゅう治療や東洋医学にうとい方でも何となく聞いたことがあったり、名前は知らなくても押したことがあったりするツボ「合谷(ごうこく)」。

 ツボの中ではベタ中のベタ、わざわざはりや灸をしなくても「押すだけで効く」「わりと何にでも効く」「誰がどう押しても効く」「ツボの位置がわかりやすく押しやすい」「押したら気持ちいい」というツボなので、ツボというものを説明するときに非常に便利なツボになります。

 便利なツボなんですが、あまり合谷を使いたがらない鍼灸師さんもざらにいます。患者様から「この先生、素人でも知ってるツボを使うんだ」と思われるのが嫌だから、というプライドの高さから…ではなく、はりを打つと反応が出やすいツボなので、人によってはズーンと響く感じが不快に感じたり、電撃のようなビリッとした刺激が出たりして、はりに恐怖感を覚えてしまう可能性があるためです。


 ツボの場所は、一般的には上の図の「1」の場所(手の甲側、親指と人差し指の水かきの根元)と言われていますが、WHOにより統一された(教科書的な)位置は「2」の場所(手の甲側、人差し指の下の骨の真ん中の親指側)とされています。どちらを押しても効果がありますし、人によっては「1」と「2」の間に一番気持ちいいポイントがあることもあります。

 押し方は、反対の手の親指で、気持ちいいと感じるように押して下さい。どちらかというと人差し指側に押すほうがいいようです。30秒〜3分程度でいいと思います。

 何に効くかですが、次のような症状に効くと言われています。また、特に首から上の症状にはよく効きます。

 目の疲れ 視力低下 めまい 難聴 歯痛(鎮痛) 鼻血 鼻水 花粉症 のどの痛み いびき 頭痛 肩こり 腕の疲れ 手のしびれ 便秘 下痢 排尿困難 腎機能低下 ホルモンバランスの崩れ 生理痛 にきび アトピー 風邪 精神不安 不眠 物忘れ 無気力 脳血管障害

 などなど、とりあえず押せば何かには効く、というくらいいろいろなことに効きます。もちろん、効果には個人差があり、必ず効果があるというわけではありません。1回で劇的に効くということもまずありません。

 ※ツボを押すときには、それぞれのツボに適した強さで押す必要があります。合谷はわりと強く押しても大丈夫なツボですが、その他のツボを強く押すと反応が出すぎてのぼせたり、気分が悪くなったりすることもありますのでご注意下さい。
  
0
    | ルートはり・きゅう院 | 健康法・ツボのお話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
    健康な方にもはり治療を
     はり治療は、実は健康な人にこそ効きます。

     はり治療は、崩れてしまった体のバランス(気・血・水の流れ、陰と陽のバランスなど)を整え、人間が本来持っている「元気になろうとする力」を正常に働くようにする治療です。

     すでに症状が重篤化している人は、体のバランスが大きく崩れているので、完全に正常な状態に戻すにはかなりの労力と時間を必要とします。

     健康な人は、体のバランスの崩れが少ないので、少しの治療で正常な状態に戻すことができます。

     体のバランスが整えられると、いわゆる自然治癒力と呼ばれる、免疫力修復力がアップします。筋力体力もついてきます。菌やウイルスが入りかけたとき、体がすぐに反応してやっつけたり追い出したりしようとするので、病気にならずに済みます。もし菌やウイルスが入ってしまっても、症状が軽く済み、早く回復できるようになります。

     仕事をしていて、体調を崩してもなかなか病院に行けないという方も多いかと思います。大きな病気を経験して、健康や予防の大切さを感じてはいるものの、具体的に何をすればいいかわからない方もおられると思います。

     ご自身の体の状態をよく知っておいて、病気になりにくい体をつくるためにも、症状のない健康なうちからの定期的なはり治療をお勧めしています。

      
    0
      | ルートはり・きゅう院 | 健康法・ツボのお話 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
      スタンド看板

       昼間の開院中のアイキャッチとして、スタンド看板を作ってみました。


       蛍光のブラックボードマーカーで手書きのPOP調にしようと思いましたが、院長には壊滅的に手書きのセンスがなかったのでプリンター出力の文字を貼った看板になりました(笑)
        
      0
        | ルートはり・きゅう院 | 当院のご紹介・ご案内 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
        施術を受けられた患者様へのアフターフォローについて
         はり治療を受けられた後、しばらくは体の感覚が敏感になり、一時的に症状が強くなったり、軽度の違う症状が出る方、症状が出ては消えるを繰り返す方もおられます。これは傷病が治っていく過程で出る反応で、ほとんどは心配のないものです。詳しくは、瞑眩反応・好転反応についての記事をお読み下さい。

         施術を受けられた患者様には、院長の携帯番号をお知らせしております。

         施術を受けてから、何か気になる症状が出て心配な場合や、施術が全く効いていない気がする場合など、遠慮なく院長の携帯にご連絡下さい。最初に受けた施術と関係ない部位の症状でも構いません。

         電話でご連絡を頂き、いま出ている症状をお伝え頂ければ、必要に応じてその場で「電話越しでもできる簡単な施術」を致します。当院で施術を受けられた方であればお分かりになるような、こちらが指示した体の部位やツボに手指を当てる方法で、血流を改善して不必要な症状を緩和します。(通常の施術の延長ですので、追加の施術料金は不要です)

         患者様からのご連絡は、治療中や移動中などで電話に出られなかった場合も、確認してこちらから折り返しご連絡を差し上げます。なんとなく電話はかけづらい、という方は、携帯番号と一緒に記載されているメールアドレスにメールをお送りいただいても結構です。確認次第、返信もしくはこちらからお電話でご連絡を差し上げます。

         次回のご来院までつらい状態を我慢なされぬよう、どうぞ遠慮なく、いつでもお気軽にご連絡を頂ければと思います。

          
        0
          | ルートはり・きゅう院 | 当院のご紹介・ご案内 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
          シュレッダー

           当院では、個人情報が記載されている可能性のあるすべての書類をシュレッダーにかけて適切に廃棄しております。


           標準的なシュレッダーよりも細かく裁断される機種を使用しています。
            
          0
            | ルートはり・きゅう院 | 当院のご紹介・ご案内 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>

            このページの先頭へ